全国家庭クラブ研究発表大会の実行委員として活動しました

今夏、富山県で開催予定だった第68回全国高等学校家庭クラブ研究発表大会。2年にわたり準備してきた大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、中止となりました。

対面での大会はなくなりましたが、参加校から集めた研究発表をDVDにまとめ、送付する準備が進められています。幻となった富山での交流も、「富山県クイズ」や「家庭クラブの歌」手話コーラスとしてDVDで伝えようと撮影が行われ、本校から2名が参加しました。

また、本校家庭クラブは、この大会に向けて「富山アピールキルト」を制作しました。キルトは、富山の豊かな自然や文化をデザインしたものです。富山の魅力を伝える取り組みとして、家庭クラブ役員が約1年をかけて縫い上げました。このキルトはタペストリーとして、県民共生センターに8月6日~20日まで展示されました。

これら富山大会の活動を通して、新たなつながりを得た夏になりました。

「家庭クラブの歌」手話コーラス

展示された「富山アピールキルト」